つらかった筋トレも、慣れれば楽しい。プールで頑張った私の5通年。

 全体的にぽっちゃりしていた進め方が不満で5年代前後前からダイエットを始めました。ウエイトは普通より結構重めほどだったのですが、下半身が分厚く、全体的に筋肉というより脂肪が多目の進め方でした。愛するブーツも入らないし、パンツを選ぶ時も大腿によって、大柄サイズを選ばなければ入りません。あんな幼子進め方ではなく、メリハリのある進め方にしたいと思い、一念発起してプールに行き始めました。
 それまで何もしていなかったので、最初は筋肉を押し付けなければいけないというプールの教官氏に言われ、週間に2回筋トレマシンって格闘する毎年が始まりました。筋トレをまともにしたことがなかったので、最初は果たして問題でした。ですが、だんだんと筋トレにも慣れてきて、心配を言えるようになると明るいとさえ察するようになりました。その後は、ジョギングも20当たり身近するようになり、ウエイトは変わりませんでしたが、体躯は早くなったように感じました。
 数か月はウエイトに手配がありませんでしたので、プールに慣れてきた内、シェイプアップを合わせてするようになりました。夜間炭水化物を抜いて、早朝はバナナだけの暮しだ。こんな暮しを3か月ぐらいしましたら、ウエイトが5寸法程鎮まり、9号だったサイズが、5号にまで落ちました。
 でも全体的に乗り物が太かったので、乗り物の筋トレを付け足し、体躯発展や体の歪曲を治す発展、あとはバレトンというバレーってヨガといったフィットネスを組み合わせたプランに入るようにしました。バレトンのプランがスクワットメインでしたので、全くきつかったですが、これが効果てきめんだったようで、足首のところにむくみによって段がついていたのが、最終的にはなくなりました。
 ダイエット勝利から更に3年代たちますが、プールは頑張って行き続けている。おかげさまで手強いリバウンドもなく、痩せていたら買った被服も買いなおさなくて済んでいる。今は30勘定以下ですが、これからも筋トレを頑張って、素敵な爺さん階層を目指したいとしている。ゼファルリン通販

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする